【釧路】これだけは絶対外せない名店5選【グルメ】


釧路というと、どんなイメージをお持ちでしょうか。

  • 釧路湿原・タンチョウの町
  • 夕日がきれいなところ
  • 和商市場の勝手丼

どれも当たってますけど、大事なことを忘れてます。

「グルメ」

「釧路=グルメ」のイメージがないですか?

この記事では釧路に来たら絶対食べたいグルメをご紹介します。

 

スポンサーリンク

吉江寿司

釧路の寿司屋と言うと

  • まつりや
  • なごやか亭

などチェーン店が有名ですが、それだけではありません。

このお店はなんとランチの生ちらしが800円!

800円といってもこのボリューム。

信じられない。

(ネタは日によって違います)

こちらはにぎりランチ驚きの700円。

(ネタは日によって違います)

ピントが合ってなくてすみません。

(食欲が強すぎた)

ランチはネタがなくなり次第終了。

早い日は11:30には閉店するので、早めに来店しましょう。

駐車場が少ないので徒歩で来てください。

こちらのお店は夜も営業しています。

17:00~19:30はサービスタイムで生ビールが250円。

毎週金曜日はお寿司が20%OFF。

人気店で席数が少ないので、予約をおすすめします。

(夜は予約可能)

吉江寿司
ジャンル:寿司屋
アクセス:連絡バス(釧路空港-釧路)釧路駅 徒歩18分
住所:〒085-0841 北海道釧路市南大通3-1-3(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 釧路・阿寒×寿司
情報掲載日:2018年11月9日

和CAFE 海あかり

このお店の特長は席からの眺めの良さ。

天気がいい日は、太平洋を眺めながらゆったりとくつろげます。

人気メニューのあんみつはフルーツたっぷりでお茶もついて580円。

(フルーツは季節によって違います)

抹茶とココアのガトーショコラはお店で手作り。

ドリンクとセットで600円。

それ以外にもアイスクリームや軽食メニューもあり。

天気のいい日はのんびりと過ごしたいお店です。

(駐車場あり)

和CAFE 海あかり
ジャンル:カフェ
住所:〒085-0803 北海道釧路市益浦2-23-14(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 釧路・阿寒×カフェ
情報掲載日:2018年11月9日

すし酒場 笑楽

このお店の特長はなんといっても値段の安さ。

それでいて美味い。

このアジフライなんと50円!

(値段はその日の仕入れによって変わります)

大きさが分かりにくいですが、そこそこデカいです。

揚げたてでふわふわ。

スーパーでも50円じゃ売ってないよ。

高級魚のめんめが1,200円!

(値段はその日の仕入れによって変わります)

普通の居酒屋で食べたら3,000円以上はするよ。

平日でも宴会などで混みあうので予約必須。

コースメニューもありますが、ハンパない量が出てくるので注意。

(食べきれない)

忘年会にもおすすめのお店。

関連ランキング:寿司 | 釧路駅

鉄板焼居酒屋 えびす

こちらのイチオシは「鶏焼肉」

親鳥の鶏焼肉がおすすめ。

色々な部位のお肉が食べられて鶏の味わいが深い。

テーブルにコンロを置いて、好みの焼き加減で食べられる。

カキの食べ放題もやってます。激安。

北海道では珍しくお好み焼きやモダン焼きもあります。

予約がおすすめです。

鉄板焼居酒屋 えびす
ジャンル:居酒屋
アクセス:連絡バス(釧路空港-釧路)釧路駅 徒歩12分
住所:〒085-0012 北海道釧路市川上町3 第2舟見ビル1F(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 釧路・阿寒×居酒屋
情報掲載日:2018年11月9日

和食 直

釧路の隠れ家的な名店。

北海道のグルメ雑誌に掲載されたこともあります。

コースメニューが一品一品手が込んでいておいしい。

値段もお手ごろ。

コース以外にも一品料理や日本酒のメニューも豊富。

一品メニューのだし巻き

小さいお店なので予約必須。

関係ないけど店主がイケメンです。

関連ランキング:割烹・小料理 | 釧路駅

まとめ

グルメのイメージが少ない釧路ですが、実は安くておいしい店がめちゃくちゃ多い。

今回ご紹介した以外にもまだまだたくさんあるので、気になる人はこちらのサイトもチェックしましょう。

道東グルメ観光日記

関西からLCCのピーチも就航して来やすくなったので、ぜひ遊びに来てください。

ピーチの最安運賃をチェック



こちらの記事もおすすめです

JRで北海道旅行するなら知らなきゃ損「えきねっとトクだ値」

お得に北海道観光できるフリーパスまとめ

「北海道ふっこう割」予約は取れたけど、どこへ行くか迷っているあなたへ【必読】

北海道観光に欠かせない高速バス・夜行バス6選

【道東】廃止危機の釧網線 おすすめの見どころ

スポンサーリンク

 

 

カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー