2019/05/22

【プランニング】ゴールデンカムイスタンプラリー2を公共交通機関で周るプラン・道東編【2泊3日】

2019年4月27日よりスタンプラリー第2弾がスタート。

第1弾に比べると、公共交通機関でも行きやすいスポットが増えました。

(冬はアカン)

ということで公共交通機関で周るルートを考えました。

(一度で全部は無理なので、半分の道東編です)

道央編はこちら

【プランニング】ゴールデンカムイスタンプラリー2を公共交通機関で周るプラン・道央編【2泊3日】

スポンサーリンク

スケジュール

1日目

女満別空港 8:50着

9:30 女満別空港

↓エアポートライナー

9:57 網走駅

10:19 網走駅2番乗り場

↓観光施設巡りバス 天都山方面行き

10:31 オホーツク流氷館

オホーツク流氷館・天都山展望台

11:25出発

↓徒歩15分

11:40

北方民族博物館

12:40 北方民族博物館

↓観光施設巡りバス 網走バスターミナル行き

12:46 博物館 網走監獄

博物館 網走監獄

【網走】監獄博物館のゴールデンカムイに登場する建物を徹底解説ッ!道の駅やおすすめスポットも紹介
14:06 博物館 網走監獄

↓観光施設巡りバス 網走バスターミナル行き

14:10 網走刑務所

網走刑務所 正門前刑務作業展示場

15:35 網走刑務所

↓観光施設巡りバス 網走バスターミナル行き

15:40 網走駅

16:17 網走

↓JR釧網線

18:15 川湯温泉(泊)

川湯のホテル・旅館・宿泊施設を探す

2日目

8:25 川湯温泉

↓阿寒バス 川湯線 大鵬相撲記念館前行き

8:28 エコミュージアムセンター前

↓徒歩5分

ツーリズムてしかが

レンタサイクル

9:00出発

↓約20分

9:20

硫黄山レストハウス

10:00出発

↓約20分

10:20

川湯エコミュージアムセンター

11:30 エコミュージアムセンター前

↓阿寒バス 川湯線 川湯駅前行き

11:40 川湯温泉駅

11:56 川湯温泉

↓JR釧網線

13:33 釧路

14:05 釧路駅3番乗り場

↓17白樺線

市立病院前

↓徒歩

釧路市立博物館

【釧路】湿原や市立博物館までゴールデンカムイファンのためのおすすめポイントを徹底解説ッ!

↓徒歩

16:44 市立病院前

↓17白樺線

釧路

17:15 釧路駅前15番乗り場

↓阿寒線

19:05 阿寒湖温泉バスターミナル

アイヌシアター イコロ

20:15〜20:45

イオマンテの火まつり

21:15〜21:55

ロストカムイ

阿寒(泊)

阿寒のホテル・旅館・宿泊施設を探す

3日目

9:00

阿寒湖遊覧船

10:25

↓徒歩15分

10:40

アイヌシアター イコロ

11:00〜11:30

アイヌ古式舞踊

↓徒歩

阿寒湖アイヌ生活館

↓徒歩

ポロンノ
ジャンル:郷土料理
住所:〒085-0467 北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉4-7-8(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 釧路・阿寒×郷土料理
情報掲載日:2019年5月3日

伝統的なアイヌ料理を食べられるお店。

阿寒湖温泉街散策

【阿寒】まりもや温泉だけじゃないおすすめポイント4つ

↓徒歩15分

阿寒湖畔エコミュージアムセンター

↓徒歩10分

16:00 阿寒湖温泉バスターミナル

↓阿寒線

17:04 たんちょう釧路空港

まとめ

かなり省略してますが、この日程で公共交通機関ではこれが限界。

可能ならタクシーとか使えば、もうちょっと周れます。

道央編と合わせて、6日あれば公共交通機関だけでもクリア可能ですね。

冬はバスのダイヤが変わるので、11月までに終わらせしょう。

道東編から道央編にそのまま行く場合は、釧路発札幌行きの夜行バスが便利。

スターライト釧路号(完全予約制)

おすすすめのツアー

<いつでも最新価格:ダイナミックJTB>航空機で行く北海道
川湯、阿寒のホテルがあるツアーは少ないので貴重。

こちらの記事もおすすめです

【阿寒】ニュー阿寒ホテルは食べ放題が最高すぎる

【プランニング】ゴールデンカムイ北海道スタンプラリーを最短ルートでクリアするプラン

お得に北海道観光できるフリーパスまとめ

ゴールデンカムイスタンプラリー2 公共交通機関での周り方 バス乗り場や最寄バス停など徹底解説ッ!【保存版】

【道東】廃止危機の釧網線 おすすめの見どころ

スポンサーリンク
カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー