2019/05/08

【移動】ゴールデンカムイスタンプラリー2 公共交通機関での周り方 バス乗り場や最寄バス停など徹底解説ッ!【保存版】

「移動距離がえげつない」と各所で話題になったゴールデンカムイスタンプラリー。

2019年3月31日で第1弾が終了。

2019年4月27日から早くも第2弾がスタートします。

詳細はこちら

北海道はゴールデンカムイを応援しています。スタンプラリー2

各エリア1ヶ所周ればクリアになるので、すべてのポイントを周らなくてもOK。

この記事では、公共交通機関での周り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

小樽エリア

小樽市総合博物館 本館

小樽駅前のバスターミナル3番のりばから、高島3丁目経由小樽水族館行き(系統番号10番)に乗車。

「総合博物館」で下車。

所要時間約10分。

※経由地が違うと「総合博物館」を通らないので注意。

小樽駅から徒歩で30分くらい。

レンタサイクルもあります。

バス時刻表

小樽市総合博物館 運河館

小樽駅より小樽運河方向へ、徒歩約10分。

行きやすいけど、ゴールデンカムイ関連の展示は少ない。

にしん御殿 小樽貴賓(きひん)館

小樽駅前のバスターミナル3番のりばから小樽水族館行きに乗車。

連休や夏休みは水族館に行く客が多いので注意。

ギリギリだと乗れない場合あり。

「祝津(しゅくつ)3丁目」で下車。

所要時間約20分。

バス降りたらここを左に曲がって10分ぐらい歩く。

食事もできます。

にしん御殿 小樽貴賓館
ジャンル:日本料理
住所:〒047-0047 北海道小樽市祝津3-63 小樽貴賓館旧青山別邸内(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 小樽×郷土料理
情報掲載日:2019年4月24日

作中に登場するにしんそばをいただけます。

帰りのバス時刻。

札幌エリア1

北海道博物館

地下鉄東西線新さっぽろ駅・JR新札幌駅から

バスターミナル・のりば10(北レーン)ジェイ・アール北海道バス新22「開拓の村行き」に乗車。

「北海道博物館」で下車。

所要時間約15分。

地下鉄は北出口から8番出口へ。

北レーンに向かってください。

JRは左手に出て北レーンの方へ。

JR出口出てすぐにあるローソン。

こちらで月寒あんぱんが売ってます。

開拓の村行きのバスは10時~15時まで毎時0分と30分の2本。

最終は15時なので注意。

北海道開拓の村

地下鉄東西線新さっぽろ駅・JR新札幌駅から

バスターミナル・のりば10(北レーン)ジェイ・アール北海道バス新22「開拓の村行き」に乗車。

終点で下車。

所要時間約20分。

北海道博物館から徒歩15分。

見る順番は「北海道博物館⇒開拓の村」がおすすめ。

北海道開拓の村 ゴールデンカムイに出てくる建物を徹底解説ッ

札幌エリア2

サッポロビール博物館

地下鉄東豊線「東区役所前」駅より徒歩約10分。

新千歳空港から直通バスあり。

(乗り場13,20)

中央バス時刻表

【札幌】雨や雪の日でも楽しめるスポット5選

サッポロファクトリー

地下鉄東西線「バスセンター前」駅下車。

8番出口より徒歩3分。

サッポロビール園からは中央バス サッポロビール園・ファクトリー線 [環88]

チェックインスポットは、3条館1階のインフォメーション斜め前の掲示板。

向かい側は無料の保険相談コーナー。

麦酒販売所では、ここでしか飲めないビールを試飲できます(有料)

【札幌】無料で楽しめる観光スポット5選

旭川エリア

旭川市博物館


JR旭川駅南口西側からクリスタル橋経由で約800メートル。

徒歩約10分。

北鎮記念館

JR旭川駅より旭川電気軌道バス4番乗り場。

[81]末広4条1丁目行に乗車。

「護国神社前」下車(190円)

所要時間約15分。

観光案内所でレンタサイクルもあります。

体力に自信があれば。20分くらい。

入館無料で月曜日は休館。

(休館日でもARは取れます)

お願いすると自衛官さんが説明してくれます。

(もちろん無料)

「ゴールデンカムイ見て来ました!」と言うと関連展示を念入りに説明してくれます。

鯉登少尉の名前の由来。

土方さんのウインチェスター銃

二瓶の村田銃。

尾形のマント(フードはなし)

ゴールデンカムイの単行本もあります。

2019年7月15日まで金カムファンイベント「第七師団 日露特集」を開催中。

無料で見学させてもらえるので、記念にカレーを買って帰りましょう。

空知エリア

月形樺戸(かばと)博物館

JR岩見沢駅から中央バス21 月形線

「月形役場」下車。

夕張市石炭博物館

2019年4月に発生した火災のため閉館中。

そらち炭鉱(ヤマ)の記憶マネジメントセンター

JR岩見沢駅から徒歩1分。

JRの場合は駅出口を出て左。

高速バスはバス停降りて駅に向かって右手に進みます。

アーケードを少し進むと左手にあります。

見学は無料ですが、記念にお土産を買いましょう。

ポストカードは1枚100円、かりんとうは250円とリーズナブル。

合成保存料や着色料は使ってません。

カフェコーナーもあります。

アルテピアッツァ美唄(びばい)

JR美唄駅から市民バス東線「アルテピアッツァ美唄」行き乗車。

終点下車。

所要時間 東明通り経由32分、旭通り経由19分。

日高エリア

二風谷(にぶたに)アイヌ文化博物館

道南バス「高速ひだか号」(札幌→二風谷)

道南バス「高速ペガサス号」(札幌→富川) *完全予約制

路線バス(道南バス:富川→平取(びらとり)→二風谷)

路線バスは本数が少ないので、最寄バス停からタクシー利用がおすすめ。

新ひだか町アイヌ民族資料館

道南バス「高速ペガサス号」

静内バスターミナル下車。

車で約10分。

レンタサイクルあり。

(宿泊者以外でも借りられます)

新ひだか町博物館

道南バス「高速ペガサス号」

静内バスターミナル下車。

徒歩約20分。

レンタサイクルあり。

網走エリア1

博物館 網走監獄

JR網走駅2番乗り場。

天都山(てんとざん)方面行き乗車。

「博物館 網走監獄」下車。

網走刑務所 正門前刑務作業製品展示場

JR網走駅2番乗り場。

天都山方面行き乗車。

「網走刑務所」下車。

網走エリア2

天都山展望台・オホーツク流氷館

展望台と流氷館は同じ建物です。

JR網走駅2番乗り場。

天都山方面行き乗車。

「オホーツク流氷館」下車。

順番は「オホーツク流氷館⇒博物館 網走監獄⇒網走刑務所」

これならのっぺらぼうのARを監獄博物館で使えます。

網走バス時刻表

【網走】監獄博物館のゴールデンカムイに登場する建物を徹底解説ッ!道の駅やおすすめスポットも紹介

弟子屈(てしかが)エリア

屈斜路(くっしゃろ)コタン アイヌ民族資料館

JR釧網(せんもう)線 川湯温泉駅から車で20分。

エコミュージアムセンターからレンタサイクルあり。

硫黄山(いおうざん)レストハウス

JR釧網線 川湯温泉駅から徒歩約30分。

エコミュージアムセンターからレンタサイクルあり。

約20分程度。

阿寒バスの定期観光バス「ピリカ号」でも行けます(予約制)

阿寒バス ピリカ号

川湯エコミュージアムセンター

JR釧網線 川湯温泉駅から阿寒バス川湯煎。

大鵬(たいほう)相撲記念館前行き乗車。

「川湯エコミュージアムセンター前」下車。

所要時間約10分。

阿寒湖エリア

阿寒湖シアター イコロ

JR釧路駅より阿寒バス15番乗り場。

阿寒湖温泉行き乗車。

終点下車 徒歩15分。

新千歳空港、釧路空港から直行バスあり

新千歳空港⇔阿寒湖温泉 あかん湖エクスプレス

【阿寒】まりもや温泉だけじゃないおすすめポイント3つ

阿寒湖観光汽船 遊覧船乗り場

JR釧路駅より阿寒バス15番乗り場。

阿寒湖温泉行き乗車。

終点下車 徒歩10分。

阿寒湖シアター イコロから阿寒湖観光汽船 遊覧船乗り場まで徒歩5分。

阿寒バス時刻表

釧路エリア

釧路市立博物館

釧路駅前バスターミナル3番のりば(17白樺線、30昆布森線)

博物館方面行き乗車。

または11番のりば(2若草団地線、12文苑公住線(緑ヶ岡行き)、55南北線(第2若草団地行き))

市立病院バス停下車。

所要時間 約15分。

バス時刻表

帰りのバス

釧路市湿原展望台

釧路駅前バスターミナル12番乗り場(鶴居線)

グリーンパークつるい行き乗車。

湿原展望台下車。

阿寒バス時刻表

【釧路】湿原や市立博物館までゴールデンカムイファンのためのおすすめポイントを徹底解説ッ!

まとめ

第1弾のスタンプラリーに比べて、公共交通機関でも周りやすくなってます。

一度で周り切るのは難しいですが、3回ぐらいに分けると楽。

小樽、札幌なら簡単に3エリアをクリアできます。

期間は2020年3月までですが、雪が降り始める11月までが勝負。

(冬季休館の施設もあります)

こちらの記事もおすすめです

JRで北海道旅行するなら知らなきゃ損「えきねっとトクだ値」

ゴールデンカムイ北海道スタンプラリーを最短ルートでクリアするプラン

お得に北海道観光できるフリーパスまとめ

北海道観光に欠かせない高速バス・夜行バス6選

【釧路】これだけは絶対外せない名店5選

スポンサーリンク
カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー