2016/12/30

【お得技】北海道観光もできるリゾートバイト【おすすめ】

羊蹄山

リゾートバイトってご存知ですか?

沖縄や北海道などのリゾート地に一定期間住み込んでやるアルバイトのことです。

北海道だとスキー場のバイトが有名ですね。でもそれだけじゃありません。

夏休みなど忙しくなる時期に各地で募集されます。

スポンサーリンク

リゾートバイトの種類

  • 旅館の客室係
  • ホテルのフロント
  • 清掃業務
  • レストランのホール
  • レストランの調理補助
  • 観光地の案内スタッフ

などなど、さまざまな種類があります。

7月、8月の北海道は日本全国、全世界から多数の観光客が押し寄せるのでどこも人手不足。

7月中旬ごろの富良野周辺などが顕著ですね(ラベンダーが満開の時期)

冬場はやはりスキー場関係が多い。

北海道のスキー場は11月ごろからゴールデンウィークまで営業するところがほとんです。

リゾートバイトのデメリット

リゾート地で働けてお金も稼げる。

寮費が格安だったり、光熱費や食費が無料のところもあります。

手っ取り早くお金を貯められるバイトとして注目されています。

しかしデメリットもあるんですよ。

長期間同じ場所に拘束される

当たり前といえば当たり前。

同じ場所で1ヶ月とか2ヶ月働くわけですから。

 

山の中のリゾートホテルだったりすると周りに何もなくて、休日どこへも出かけられないとかいう場合もあります。

スキー場でバイトして、スキーやスノボを楽しむなら全然OK。

⇒北海道のスキー場バイトをチェック

北海道だと定山渓温泉などが狙い目(札幌中心部まですぐに出られます)

⇒勤務地を自由に選ぶならコチラ

勤務条件が募集時と違う

夏休みや冬休みはお客さんが多く忙しい時期なので残業が増えたり休日が減ったりする場合があります。

そういうときは派遣会社に相談することになりますのできっちり話のできる派遣会社を選ぶことが重要。

⇒サポートがしっかりしている派遣会社はコチラ

そもそも採用されにくい

リゾートバイトは

  • 観光やレジャーを楽しみながらお金を稼げる
  • 住み込みなので短期間でお金を貯めやすい

などのメリットがあり人気もあります。

なので春休みや夏休みの時期には応募が殺到。

でも求人数はそれほど多くないので必然的に狭き門になってしまいます。

⇒求人数の豊富な派遣会社をチェック

北海道でおすすめの勤務地Best3

ニセコ

羊蹄山

冬はスキー場、夏はアクティビティのスタッフなど職種が豊富。

通年ではホテルや旅館、カフェやレストランのホールや調理補助なども。

英語圏の外国人観光客も多いので語学力も生かせます。

札幌からも近く買い物や観光にも便利。

⇒ニセコの求人をチェック

利尻島・礼文島

利尻富士

夏の離島は最高の環境です。

礼文島は6月下旬からお花がいっぱい。

利尻島は登山やサイクリングを楽しめます。

一番おいしいエゾバフンウニやほっけのチャンチャン焼きなど見逃せないグルメも満載。

⇒利尻島・礼文島の求人をチェック

大雪山

大雪山

北海道第2の都市旭川。

その旭川のすぐそばにあるのが大雪山国立公園です。

旭岳や黒岳で登山もできる。

北海道有数の温泉地、層雲峡温泉にも入れます。

旭川からすぐ近くなので旭山動物園に行ったりおいしい旭川ラーメンを食べたり。

⇒大雪山の求人をチェック

まとめ

観光しながらお金も稼げるリゾートバイト。

メリットも多いですが仕事は仕事。楽しいことばかりではありません。

ですがそれを乗り越えれば得られるものは多いはず。

お金では買えない貴重な経験や仲間ができます。

ぜひ一度リゾートバイトを体験してみてはいかがでしょうか?

北海道コンシェルジュがおすすめするリゾートバイト探しサイト

リゾートバイトならアルファリゾート!

時給、待遇のよさならココ。

社会保険や福利厚生もバッチリ。

往復交通費も負担してくれます。

求人数が少なめなのが難。

 

アルバイトの検索なら【はたらくどっとこむ】

専門のコーディネーターがぴったりのバイトを案内してくれます。

1件の募集人数が多めなので友達と一緒に応募するならココ。

 

旅行気分を味わいながらアルバイトできる! リゾバ.com

リゾートバイトの掲載件数が圧倒的に多い。

働きやすい「超短期」の募集も多数。

実際の体験談も豊富なサイトです。

 

バイトル[リゾートバイト]のアルバイト情報を検索

期間や労働条件を選びやすい。

リゾート以外のバイト情報も豊富です。



コチラの記事もおすすめです

【ニセコ】人気日帰り温泉ランキング

【礼文】初夏の花めぐり【観光】

【道北】稚内・利尻島・礼文島のグルメ おすすめ店

【旭川】まさにアナ雪?雪の美術館【観光】

【旭川】奥芝商店【スープカレー】

 

スポンサーリンク

カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー