2018/11/08

【北海道】2月・カップルにもおすすめの観光スポット5選

2月の北海道といえば何と言っても雪まつり。

シーズン中はどこも混雑して飛行機もホテルも激高。

ですが雪まつり以外の時期は、観光客も少なくおすすめ。

ホテルや飛行機も雪まつり期間以外は、シーズンオフなので安いです。

この記事では2月におすすめの観光スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

札幌

札幌には時計台や大通公園、赤レンガ庁舎など定番以外にも冬ならではのおすすめがあります。

ワカサギ釣り

冬の北海道だからこその楽しみ。

テントの中なので寒くもありません。

個室のテントなので2人きりで釣りを楽しめます。

釣り針へエサを付けるのを彼氏がやってあげれば高感度UP。

ホテルからの送迎もあるので車がなくても大丈夫。

釣ったワカサギはてんぷらにして食べられます。

⇒ワカサギ釣りについてくわしく見る

【札幌】ワカサギ釣りは冬のおすすめレジャー【体験】

インドア

この時期の北海道は、天気が悪くて吹雪の日もあります。

そんな日は外出をあきらめて、インドア体験がおすすめ。

暖かい部屋の中で陶芸やアクセサリーづくりなど。

⇒インドア体験についてくわしく見る

屋内観光ならサッポロビール博物館や白い恋人パークがおすすめ。

【札幌】雨や雪の日でも楽しめるスポット5選【観光】



小樽

札幌からJRやバスで行ける。

有名な観光スポットもほとんど徒歩で周れるし、車なしでも観光できます。

運河沿いを散策したり、小樽芸術村の見学がおすすめ。

⇒小樽芸術村の口コミを見る

運河を船で下るクルーズもあります。

ビニールで覆われているので寒くありません。

コートの貸し出しもあり。

⇒運河クルーズをくわしく見る

天気がよくない日は、吹きガラス体験やオルゴール作り体験も楽しめます。

⇒小樽のインドア体験をくわしく見る

旅行の思い出に記念品作りなんかもいいんじゃないでしょうか。

 

日が暮れたら天狗山からの夜景もおすすめ。

カップルで見るとロマンチック。

小樽駅からバスで行けます。

2019年2月8日~17日は「小樽雪あかりの道」

小樽雪あかりの道公式サイト

小樽は

  • 北菓楼
  • 六花亭
  • ルタオ
  • あまとう

など人気のスイーツショップもたくさんあります。

女子におすすめ。

【小樽】絶対行きたいスイーツショップ3選【カフェ・ソフトクリーム】



ニセコ

スキーやスノボのイメージが強いニセコ。

もちろんスキーやスノボも楽しいですが、それだけじゃない。

雪の中をスノーシューで歩くのも楽しいです。

⇒スノーハイクをくわしく見る

集合場所のニセコビュープラザまでは、札幌から高速バスで行けます。

【ニセコ】スノートレッキングはおひとり様にもおすすめのアクティビティ【冬】

スノーハイクを楽しんだ後は温泉で一服。

【ニセコ】人気日帰り温泉ランキング

スイーツやジンギスカンなど人気グルメもたくさん。

【ニセコ】おすすめカフェ・レストランまとめ【グルメ】



旭川

旭川は何と言っても旭山動物園。

大人気のペンギンのお散歩が見られるのはこの時期だけ。

旭山動物園おすすめの時期は?混雑を避けるなら○月 お得に入園できる裏ワザも

札幌から旭川まで行く方法は

  • バス
  • JR

とありますが、雪道運転に自信がなければバスかJRで。

札幌から動物園までのバスがセットのツアーもあります。



動物園見学と観光がセットになった日帰り観光バスや、お得なJRきっぷもあるので要チェック。

層雲峡温泉 氷瀑まつり



さっぽろ雪まつりと並ぶ北海道2大冬まつりのひとつ。

夜のライトアップが圧巻です。

車だと札幌から2時間30分、旭川から1時間10分。

JRは上川駅からバス。

ツアーに組み込まれている場合もあるので、チェックしてみてください。

⇒層雲峡氷瀑まつりのツアーをチェック

雪の美術館

ディズニー映画「アナと雪の女王」に登場したお城にそっくりと話題の美術館。

衣装を借りて撮影も出来ます(有料)



網走

この時期の北海道でしか見られない流氷。

その壮大さはまさに絶景。

一生に一度は見ておきたい風景です。

流氷を身近に感じられるスノーシュートレッキングがおすすめ。

⇒スノーシュートレッキングをくわしく見る

網走へは女満別(めまんべつ)空港の利用が便利。

ですがこの時期は欠航も多いので注意しましょう。

旭川空港を利用して、バスかJRで網走まで移動すれば欠航の心配が減ります。

大雪でも飛行機が欠航しない!?北海道旅行で覚えておきたい旭川空港の存在



服装

外は寒いですが、建物や乗り物の中は暖房で暑いぐらい。

なので中にたくさん着るより、上に着て脱ぎ着できるのがベスト。

特に重要なのが「風を通さないこと」

ズボンも上着も、風を通さなければ薄手でも暖かいです。

手袋は毛糸より防水性のもの。

(転んだときのため)

靴は滑りにくい冬靴を履いておくと安心。

北海道の冬に適した冬靴・雪靴・スノーブーツ 滑りにくい歩き方とは?



まとめ

今回ご紹介したのはほんの一部です。

魅力たっぷりの冬の北海道へぜひ遊びに来てください!



こちらの記事もおすすめです

卒業旅行にもおすすめ!北海道の観光スポット【2月・3月】

【千歳】支笏湖 氷濤まつり【観光】

【札幌】駅チカでラーメンならココで決まり!札幌ラーメン共和国

【札幌】寿司を食べるならここ!並ばず食べられるおすすめ3店【グルメ】

【札幌】海鮮バイキング難陀 お腹いっぱいカニを食べるならココ

スポンサーリンク
カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー