2019/02/03

【千歳】支笏湖 氷濤まつり【観光】

北海道にある「支笏湖(しこつこ)」という湖をご存知でしょうか。

支笏湖(しこつこ)は、北海道千歳市にある淡水湖支笏洞爺国立公園に属し、日本最北の不凍湖となっている。

不凍湖というのは「凍らない湖」のことです。

北海道の湖で凍らないのはかなり珍しい。

新千歳空港からも近いので着陸間近の機内から見えることもあります。

その支笏湖で毎年1月末から開催されるイベントが「支笏湖 氷濤(ひょうとう)まつり」です。

スポンサーリンク

支笏湖 氷濤まつりとは

透明度では国内でも上位にランキングされる支笏湖。

その支笏湖の水を吹きかけて氷像などをつくるイベントです。

入場には開催協力金として300円がかかります。

入場時にポストカードと会場内で使える割引券をもらえます。

一度会場から出ても、ポストカードを見せれば再入場可能。

氷像は11月から骨組みをつくり、12月から24時間体制で湖水を吹きかけて作られます。

氷像以外にも氷の滑り台やスケートリンクなども登場し家族みんなで楽しめる。

氷濤まつり開催中の土日祝日には18時半から約300発の花火が上がります。

花火以外にも和太鼓の演奏があったり会場内で結婚式を挙げる「氷濤ウエディング」もあり。

支笏湖は道内有数の温泉地でもあるので、まつりを楽しんだ後冷えた身体を温泉で温めることも可能。

支笏湖へのアクセス

支笏湖へは新千歳空港からバスが出ています。

北海道中央バス「支笏湖」行き(のりば国内線28、国際線66)に乗車。

終点バス停「支笏湖」で下車(約55分)

中央バス時刻表

札幌からはバスかJRで千歳駅まで行って、支笏湖行のバスに乗り換え。

直接行くには定期観光バス。

ライトアップ支笏湖氷濤祭り
支笏湖は公共交通機関で行くと少し不便な場所なので、定期観光バスはかなり便利。

ついでに温泉やランチを楽しんで帰ってくるプランや新千歳空港で降りられるプランもあります。

札幌から氷濤まつりを見てそのまま新千歳空港から帰ることも可能。

旅行会社から出ているツアーには雪まつりと氷濤まつりを両方楽しめるものもあります。

氷濤まつりがコースに組み込まれているツアーをチェック

氷濤まつりの開催日時

2019年1月25日(金) ~ 2月17日(日)

開場時間9:00~22:00

ライトアップ16:30~22:00

昼間は支笏湖ブルーに輝く湖水が綺麗です。

夜は色とりどりの光でライトアップされて幻想的。

16:00ごろに行けば昼間の状態とライトアップ両方楽しめるのでお得。

支笏湖温泉とは

支笏湖の湖畔にはたくさんの温泉があります。

泉質は重曹泉でお肌がすべすべになる別名「美人の湯」

氷濤まつりに行ったらぜひ入って帰りましょう。

日帰り入浴できる温泉もあります。

支笏湖温泉の旅館、ホテルをチェック



こちらの記事もおすすめです

おすすめ日帰り観光バスツアー

【札幌】日帰りで楽しめる冬のアクティビティ5選

北海道の冬に適した冬靴・雪靴・スノーブーツ

格安で北海道旅行するならスカイマークがおすすめ!なぜ?

北海道観光のホテル予約はじゃらんがオススメ?

 

スポンサーリンク
カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー