【ニセコ】スノートレッキングはおひとり様にもおすすめのアクティビティ【冬】

 ニセコで冬のレジャーといえばスキーかスノボだよね

実はそれだけじゃないんです。

スキーやスノボができなくても楽しめるのが「スノーハイク」です。

 

スポンサーリンク

スノーハイクとは

今回ご紹介するのはこちら

ニセコの冬を満喫しよう!スノーハイク貸切ツアー

スノーシューを履いて雪原を歩き回ります。

普通のスノーシューはこんなの

ですが、こちらのスノーハイクで履くのは短いスキーのようなタイプ。

(写真に写ってるようなの)

なのでゆるい下り坂は滑ったりもできる。

こんな感じです

ちょっとわかりにくいですが、滑ってます。

同じく北海道冬のレジャーで歩くスキー(クロスカントリー)がありますが、それともちょっと違います。

1時間半ぐらいあるので、ずっと歩きっぱなしだとかなり疲れる。

でもところどころ滑ると疲れも半減です。

ただし、滑らないように足をつっぱると余計疲れる。

無理せず身を任せて滑ると気持ちがいいです。

ふわふわのパウダースノーなので、転んでもまったく痛くありません。

(手をついてもどんどん埋まるので、起き上がるのがちょっと大変)

途中見晴らしのいいところで休憩。

ガイドさんがおやつとお茶を用意してくれます。

慣れるまでは大変ですが、慣れると滑るのが気持ちよくなります。

アクセス・料金など

ニセコの冬を満喫しよう!スノーハイク貸切ツアー

このツアーに参加すると、1グループにガイドさんが1人ついてくれます。

(おひとり様参加でもちゃんとガイドさんがついてきてくれます)

スノーシューはもちろん、防寒ウェアや手袋、帽子まですべてレンタルしてくれるので手ぶらでOK。

ニセコエリアならどこでも(駅やホテル)送迎してくれるので車がなくても大丈夫。

冬は新千歳空港からニセコへの直行バスもありますし、札幌から日帰りもできます。

公共交通機関を利用するならニセコ駅へ送迎してもらって、駅前の「綺羅乃湯」に入って帰るのがおすすめ。

【ニセコ】人気日帰り温泉ランキング

その日の雪の量や参加者の体力に合わせてコースを選んでくれるので、体力に自信がなくても安心。

途中ガイドさんが写真を撮ってくれて、あとで送ってもらえます。

(今回載せている写真も、すべてガイドさんに撮ってもらったやつです)

料金は

  • ガイド料
  • 保険料
  • 用具レンタル
  • 送迎
  • 休憩のおやつとドリンク
  • 写真データ

すべて含めて6,000円です。

これだけそろっていてこの値段はかなりお得。

(ラフティングだと写真1枚500円とか普通です)

グループで参加だともっと安くなります。

まとめ

写真と文章だけでは伝わりづらいですが、やるとかなり楽しいです。

 スキーもスノボもできないから、冬のニセコはちょっとなぁ・・・

というあなた(私もそうでした)

ぜひ一度体験してみてください。

車なしでもOKというのもなかなか貴重です。

こちらの記事もおすすめです

【札幌】日帰りで楽しめる冬のアクティビティ5選

【ニセコ】おすすめカフェ・レストランまとめ【グルメ】

【ニセコ】旅人宿たびものがたり【ゲストハウス】

【プランニング】1泊2日で北海道を楽しむ【スキー・スノボ編】

【まとめ】新千歳空港から直行で行けるゲレンデまとめ

 

スポンサーリンク
カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー