2016/06/14

【富良野】そらいろのたね【ゲストハウス】

【北海道おすすめ宿】

そらいろのたね

【富良野 そらいろのたね】

「北海道一人旅したいけど、泊まるところがない」

一人旅で一番困るのが宿泊先。

 

リゾートホテルにシングルルームはありません。

旅館は「一人で」というと断られる場合も多い。

そしてなによりお金がかかる。

 

スポンサーリンク

じゃあどこに泊まればいいの?

キャンプや車中泊という手もありますが結構しんどいです。

ほんとに。

 

そんなときの強い味方がゲストハウス・旅人宿です。

 

ユースホステルとは?

旅人宿(とほ宿)とは?

ゲストハウスとは?

 

詳しい説明はリンク先を読んでいただくとして、ざっくり言うと「男女別相部屋形式の宿泊施設」です。

 

(この辺の詳しくはいずれ別記事で書きます。)

「そらいろのたね」ってどんな感じの宿?

「そらいろのたね」は富良野の旅人宿です。

 

旅人宿でもいろいろあります。

ペンションみたいにおしゃれな宿や民家を改装した民宿みたいなところもあります。

(たぶん後者が多い)

 

そらたねさん(そらいろのたね)は民家を改装した宿なので豪華な設備はないです。

 

が(ここ大事)田舎のおばあちゃん家に遊びに来たような、ほっこりできる安心感があります。

 

そらたねリビング

【リビングはこんな感じ】

料理が美味しい

いわゆる普通の家庭料理なんですが、まぁ美味しいのなんのって。

素材はできるだけ道産を使われています。

ご飯はオーナーの奥様のご実家で作られているお米です。

めちゃうまです。

 

そらたねディナー

【ある日の夕食(一部)】

普段はほとんどおかわりとかしないんですけど、そらたねだとガッツリ食べてしまいます。

 

とにかく雰囲気がいい!楽しい!

そらたねさんでは多人数のグループをお断りされています。

(宿によっては個室もあります)

一人旅の旅人さんを大切にするためだそうです。

 

そのためそらたねのお客さんは一人旅がほとんど。

みんな一人旅同士だからすぐに仲良くなれてしまいます。

フレンドリー最高。

 

そらたねには夕食後にトークタイム(という名の飲み会)があります。

そこで関西出身のオーナーさんを中心に明日の予定の話なんかで盛り上がります。

(この話↓もそのときのことです)

(ブログ記事:1ヶ月間かけて北海道を旅行する人と出会った話)

 

ここで意気投合して一人旅同士翌日行動を共にするなんてのもよくある話で。

 

私もそらたねさんに泊まったときは一人行動したことありません。

 

せっかくレンタカー借りてきたのに宿泊中まったく動かさなかったなんて人もいましたね(笑)

 

で、結局のところは

「楽しい」以外の説明の言葉がみつかりません。

(ごめんなさい)

 

北海道を一人旅されるならぜひ一度泊まってみてください!

充実した旅になること間違いなしです。

 

(注:北海道にハマっても保障できません)

 

「そらいろのたね」公式ページはこちらです。

「そらいろのたね」の予約はこちらからもできます。

富良野に行くならこちらも記事もいかがですか?

富良野 麓郷展望台

富良野 秋のお花畑めぐり

富良野 麓郷で雨の日に行きたい場所5つ

富良野 北の国からのロケ地めぐり

富良野 ふらのや【スープカレー】

富良野 カフェ・ノラ【カフェ・レストラン】

富良野 カンパーナ六花亭【スイーツ・軽食】

富良野 シンバカフェ【カフェ・レストラン】

富良野 菓子工房フラノデリス【スイーツ】

新富良野プリンスホテル【ホテル】

1泊2日で冬の北海道を楽しむ【富良野でスイーツ編】

【富良野】混まずにラベンダーを見られるお得な裏技

 

スポンサーリンク

カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー