2016/05/14

【函館】道南に行ったらぜひ食べたい観光グルメ

ラッキーピエロ

【ラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガー】

 

函館に行ったらぜひ食べておきたいものは?

函館といえば何を思い浮かべますか?

夜景、教会、赤レンガ倉庫・・・色々ありますがはずせないのがグルメ。

今回はその中でもとっておきのお店をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ラッキーピエロ

【ラッキーピエロのハンバーグ定食】

【ラッキーピエロのハンバーグ定食】

知る人ぞ知る函館のご当地ハンバーガー。

函館のあちこちに店舗がありますが、函館以外にはありません。

 

あの何でもそろう新千歳空港にもないのです。

まさに函館でしか食べられないグルメ。

これは食べるしかないでしょう。

種類も1番人気のチャイニーズチキンバーガーをはじめとしてホタテバーガーやジンギスカンバーガーなど変り種バーガーもあって飽きません。

バーガー以外にもカレーやオムライス、定食もあります。

ラッキーピエロ ベイエリア本店
ラッキーピエロ ベイエリア本店
ジャンル:ファーストフード
アクセス:JR函館本線函館駅 徒歩20分
住所:〒040-0053 北海道函館市末広町23-18(地図

朝市食堂のワンコイン丼

【朝市食堂のワンコイン丼】

【朝市食堂のワンコイン丼】

函館朝市で海鮮丼を食べると安くても1,000円

以上、高いと2,000円以上のものも珍しくありません。

 

こちらはなんとワンコインで食べられる海鮮丼。

多少小ぶりですがネタの鮮度はバツグン。

どんぶりの種類も色々あります。

【イカ刺し丼】

【イカ刺し丼】

これは食べるしかありません。

朝市食堂 二番館

お取り寄せするならこちら

海鮮丼セット(ずわいがに,いくら,帆立)

大沼だんご

【大沼だんご】

【大沼だんご】

函館から少し離れて大沼公園。

湖畔を散歩したり遊覧船に乗ったり冬は白鳥も到来。

大沼だんごはオーソドックスなみたらしとあん、ごまたっぷりのごまあんもあります。

大きさも一口サイズで食べやすく甘すぎないのでどんどん食べられる。

賞味期限が1日なのでここでしか食べられません。

沼の家
ジャンル:和菓子
アクセス:JR函館本線(函館-長万部)大沼公園駅 徒歩2分
住所:〒041-1354 北海道亀田郡七飯町大沼町145(地図

 松前海苔だんだん

【海苔だんだん】

【海苔だんだん】

こちらも函館から少し離れて松前。

松前城や松前漬けが有名。

 

これ、ただの海苔弁当と侮るなかれ。

松前で採れた高級手摘み海苔を使っていて海苔の香りがバツグン。

海苔だけなのに十分満足できます。

添えてある手作りの松前漬けもポイント高い。

ここでしか食べられません。

 

レストラン矢野
レストラン矢野
ジャンル:海の幸・山の幸
アクセス:JR函館本線函館駅 車120分
住所:〒049-1512 北海道松前郡松前町福山123(地図

函館でしか買えないお土産

めん恋いちごオムレット

函館に行ったらぜひ買いたいのが函館にしか売ってないお土産。

スナッフルスのめん恋いちごオムレット

チーズオムレットで人気のスナッフルスが出した新商品。

甘酸っぱいいちごの香りが口いっぱいに広がります。

いちご好きなら食べておかないと損です。

JR函館駅と赤レンガ倉庫のお店でしか売ってません。

ペイストリー スナッフルス 金森洋物館店

ちなみに赤レンガ倉庫のお店ではイートインで1個から食べられます(コーヒー付き)

めん恋いちごオムレット

函館メルチーズ

メルチーズ

チーズオムレットと同じくスフレタイプのチーズケーキ。

函館地区でしか買えません。

赤レンガ倉庫のお店にはイートインもあります。

パティスリー・プティ・メルヴィーユ・赤レンガ倉庫BAYはこだて店

 

こちらはお取り寄せが可能(プレーンとパンプキンのみ)

メルチーズ(プレーン)8個入

まとめ

ご当地でしか食べられないものを中心に選んでみました。

定番もいいですが違う場所で食べられたりもするので、そこでしか食べられないものを食べるのもいいんじゃないでしょうか?

こちらの記事もおすすめです

【函館】ラビスタ函館ベイで美味しい朝食を食べよう【ホテル】

【スイーツ】お取り寄せできるおすすめの北海道プリン・チーズケーキランキング

【スイーツ】本当におすすめしたい北海道のお土産4+1選

【まとめ】北海道新幹線に乗車できる観光ツアープラン【函館】

 

スポンサーリンク

カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー