【知床】流氷ウォークでゴールデンカムイの世界を体験しよう【観光】

なぜこのポーズなのか。

週刊ヤングジャンプに連載中の漫画「ゴールデンカムイ」

第214話で流氷の上を歩いて渡りますが、同じ体験が北海道でできます。

(この人数で乗ったら絶対沈むけどな)

それがドライスーツを着てガイドさんと歩く「流氷ウォーク」

勝手に装備なく流氷の上に乗るのは、大変危険なので絶対にやめてください。

知床の流氷ウォーク

この記事では、流氷ウォークの楽しみ方についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

流氷ウォーク体験時季

体験できるのは流氷が接岸する2月~3月。

(期間中でも流氷が接岸しなくてできない場合もあります)

夜にはびっしり流氷があったのに、翌朝まったくなくなってることも珍しくない。

(潮の流れによる)

流氷ウォーク体験場所(知床ウトロ)

から送迎もしてくれます(無料)

道の駅から女満別空港やJR網走駅までバスで1本。

午前中に体験して、夕方の飛行機やJRに乗れます。

知床エアポートライナー

流氷ウォーク準備

事務所(無料駐車場あり)に到着後、ドライスーツに着替え。

ドライスーツを着ておけば、流氷の海に落ちても平気です(浮く)

ここでカメラやスマホを預けると、ガイドさんがよきところで撮影してくれます。

(自分のものと分かりやすいように、目印を付けておくとよい)

自分で撮りたい人はレンタルもあり。

防水カメラ

ここから流氷の場所までバスで移動。

流氷ウォーク体験

着いたらガイドさんにしたがって、沖の方へ歩いていきます。

途中、氷の薄いところをわざと割って海に落ちたり。

全然寒くないし、とにかく楽しい(語彙力)

一人で参加しても、他の参加者さんと一緒に楽しめます。

(コミュ障とか関係ないよ)

残念ながらクリオネはいませんでした。

歩くのは1時間程度。

流氷ウォーク終了後

終了後は事務所に戻って着替え。

バスターミナルや道の駅、温泉など希望の場所まで送迎してくれます。

流氷ウォーク予約

ゴジラ岩観光 流氷遊ウォーク

流氷 ウォーク ツアー

まとめ

この楽しさを上手く表現できない語彙力のなさがもどかしい。

写真から少しでも伝わればいいのだけど。

間違いなく楽しいし、この時季の北海道でしかできない体験です。

ぜひこの楽しさを共有してください。

泳げなくても全然大丈夫。

(私はまったく泳げません)

こちらの記事もお読みください

【プランニング】流氷とゴールデンカムイの世界を満喫するプラン【2泊3日】

北海道の冬に適した冬靴・雪靴・スノーブーツ 滑りにくい歩き方とは?

ワークマンに行けば冬の北海道旅行に必要なものは何でもそろう

JRで北海道旅行するなら知らなきゃ損「えきねっとトクだ値」

大雪でも飛行機が欠航しない!?北海道旅行で覚えておきたい旭川空港の存在

スポンサーリンク
カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー