2018/12/05

【札幌】北海道開拓の村 ゴールデンカムイに出てくる建物を徹底解説ッ【観光】

スポンサーリンク

北海道開拓の村とは

北海道開拓の村は、明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建造物を54.2haの敷地に移築復元・再現した野外博物館です。(北海道開拓の村オフィシャルサイトより)

ゴールデンカムイの作中にも数多くの建物が出てきます。

この記事では登場する建物を登場する場面により近くご紹介していきます。

(リストはあーやさん(@aya_knkmogt)に作っていただきました)

実際のコマと写真を並べておきたいところですが、著作権の関係でナシ。

巻とページを書いておくので自分で確かめてください。

実際の場面と見比べるのは電子書籍版がおすすめ。

開拓の村内は無料Wi-Fiがあるので、スマホやタブレットから見られます。

⇒電子書籍版ゴールデンカムイ

開拓の村入ってすぐのホール1(無料エリア)

こちらにはゴールデンカムイに登場する建物の解説

原作者の野田サトル先生、アニメ版ゴールデンカムイの杉元役の小林親弘さん、アシリパ役の白石晴香さんのサインを飾ってます。

アニメ版はFODで独占配信中。



ゴールデンカムイオリジナルグッズつき北海道宿泊プラン

市街地群

旧手宮駅長官舎

6巻126ページ ケツアゴ署長の茨戸分署

旧開拓使爾志通洋造家

7巻78ページ 日高のエディーダン邸宅

旧福士家住宅

8巻 10ページ

土方+尾形がアジトにした永倉親戚の家。火鉢尾形と寝椅子土方

旧松橋家住宅

2巻156ページ 鶴見中尉が杉元にみたらし団子串刺したとこ

内装がちょっと違う。

3巻64ページ 渋川善次郎アジト

もしかしたら部屋が違うかも。

旧有島家住宅

10巻66ページ 鶴見中尉の家の前で有坂閣下が待っていたシーン

3巻56ページ 土方+尾形がアジトにした永倉親戚の家

旧浦河支庁庁舎

6巻32ページ 札幌新世界ホテル

6巻34ページ他 家永が登っていた階段

旧小樽新聞社

13巻74ページ 白石と石川啄木が話題にあげた新聞社

島歌郵便局

10巻26ページ 谷垣がマカナックルからの電報を受け取っていた郵便局

 

旧山本理髪店

6巻 124ページ 茨戸で尾形が散髪していた理髪店

旧浦河公会会堂

175話 関谷のいた教会

旧来正旅館

4巻103ページ 白石が聞き込みに向かった遊廓

13巻60ページ 都丹庵士アジト

旧三〼河本そば屋

2巻144ページ 杉元がにしんそばを食べて二階堂兄弟とバトルした蕎麦屋

にしんそばは開拓の村食堂で食べられます。

開拓の村食堂
ジャンル:食堂・定食
アクセス:JR函館本線(小樽-旭川)森林公園(北海道)駅 徒歩25分
住所:〒004-0006 北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1(地図
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 新さっぽろ・厚別区×定食・食事処
情報掲載日:2018年11月16日

にしんそば 950円 大盛り1,000円

汁は色が黒く関東風。

麺は太め。ヒンナ。

旧武井商店酒造部

2巻154ページ 燃やされた第七師団兵舎

14巻190ページ フレップ本舗

旧近藤医院

14巻160ページ 杉元たちが治療をうけた網走近郊の病院

6巻118ページ 家永が治療されていた病院

8巻28ページ 鶴見中尉と江渡貝くんが話していた部屋

旧広瀬写真館

13巻70ページ アシリパさんと杉元が写真を撮った写真館

13巻73ページ 谷垣がふんどし写真を撮った部屋

旧札幌農学校寄宿舎

10巻138ページ 第七師団司令部。鯉登が走った階段。

漁村群

旧青山家漁家住宅

11巻54ページ 幸次郎殺害現場

旧秋山家漁家住宅

11巻53ページ 尾形の祖父母の家

3巻64話 渋川善次郎アジト

農村群

旧山本消防組番屋

茨戸で尾形が鐘を撃ったやぐら

(ちょっと形が違う)

旧ソーケシュ オマベツ駅逓所

7巻61ページ キロランケが騎手になるの回の厩舎

旧納内屯田兵屋

2巻 173ページ レタラが見つけたシライシのアジト

旧樋口家農家住宅

12巻92ページ バッタから逃げてラッコ鍋を食べた小屋

旧菊田家農家住宅

7巻 116ページ 日高の赤毛熊に襲われて立てこもった親姫の家

130ページ 生首を置いてる階段

まとめ

開拓の村にはこれ以外にも色々な古い建物があります。

北海道の歴史について学べるので、小中学生のお子様にもおすすめ。

年間通じて体験などのイベントもあり。

イベントメニュー

予約しておけばボランティアさんが無料でガイドしてくれます。

村で結婚式も挙げられるので、ゴールデンカムイファンのカップルはいかがでしょうか。

むらの結婚式

アクセス

札幌駅から車で40分。

駐車場無料。

公共交通機関の場合

JR新札幌駅、地下鉄新さっぽろ駅バスターミナル北レーン10番乗り場よりJR北海道バス【新22「開拓の村」】行終点で下車。

バス乗車時間:約15分、バス乗車料金:大人210円

料金

大人:800円 大学・高校生:600円

中学生以下、65歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方は無料。

年間パスポート(大人)1,500円

営業時間

4月1日~4月30日:午前9時~午後4時30分(入村は4時まで)

休館:毎週月曜日(祝日、振替休日の場合は翌日が休館)

5月1日~9月30日:午前9時~午後5時(入村は4時30分まで)
無休

10月1日~3月31日:午前9時~午後4時30分(入村は4時まで)
休館:毎週月曜日(祝日、振替休日の場合は翌日が休村)、年末年始(12月29日~1月3日)

ゴールデンカムイオリジナルグッズつき北海道宿泊プラン

こちらの記事もおすすめです

札幌観光なら持っておかないと損!得だねチケットさっぽろセレクト

ゴールデンカムイ北海道スタンプラリーを最短ルートでクリアするプラン

札幌市内の観光ならレンタカーよりバスや地下鉄が格安でお得

旅行ガイドブックは電子書籍がオススメ!その理由とは?

【札幌】近郊のおすすめ観光スポット【冬】

 

スポンサーリンク
カンベ アキラ

著者:カンベ アキラ

大阪出身。2014年5月に移住。北海道が大好きで、脱サラして北海道コンシェルジュを始める。穴場観光スポットやおすすめグルメ、お土産を紹介中。北海道の魅力を多くの人に伝えたい。ご希望に合わせた北海道旅行のプランニングもできます。

Twitterフォロー